snow's notes


旅先のパリで見つけたお店や美味しいものなどの覚書がメインです。
by fortune-snow
プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

boco【ボコ】

夜の外食がちょっと疲れちゃったときや、お昼もさくっとお部屋で食べたいとき。旅行中、ありますよね。
オペラ・ガルニエからオペラ大通りをまっすぐ下って行った左側、Pyramides駅直前のKusmi Tea路面店のお向かいにある、「boco」がお勧めですよー。
オーガニックで美味しくて手軽な、持ち帰りごはんが調達できます。

f0218513_23134814.jpg

オレンジとグレーのテーマカラー、大きなガラス窓の、清潔感のある外観。
入ってすぐ右側にずらっとチルドケースに並んでいるのは、1つずつ「Weck」のガラス容器に入った色とりどりのお惣菜です。
スーパーで買い物をするように、好きなものを選んでバスケットに。
レジで「emporter s.v.p!(アンポルテ シルブプレ!)」とお願いすれば、持ち帰り用の袋に入れて、使い捨てのカトラリーも入れてくれます。
高いものでも10ユーロちょっと、前菜が5ユーロくらい、メインは7~9ユーロがボリュームゾーンで、デザートは3~4ユーロ。グリーンリーフのサラダは3ユーロぐらいで、リーズナブル。
でも、ワインは持ち帰りは不可だそうです。残念。

f0218513_23143740.jpg

こちらのお惣菜、実は、星付レストランのシェフたちの手によるものも多く、容器の外側のシールには、シェフやパティシエの似顔絵がついています。
写真の中の、金具がついているものが「冷たくしてたべるもの」、ついていないのが「温めて食べるもの」です。

例えばこれ、ニンジンとじゃがいものお惣菜、温めて食べるもの。
食材が全部表示されているので、わかりやすい。フランス語が出来なくても、だいたいわかる感じです。
Weckの容器は、煮沸で密封できるのですが、はみ出たオレンジのタブの部分を強く引っ張ると、空気がしゅっと入り込んで開けることができます。

f0218513_23152315.jpg

こちらは冷たい方。クレームキャラメル&塩バターソースのデザート。
冷たいものは煮沸密封されていないので、金具でふたを止めてあります。

f0218513_2316598.jpg

チーズ&いちじく、茄子のトマト味に煮たものと、近くのパン屋さんで買ったバゲットで、お皿も出さずに豪華な食卓の出来上がり!
(ちなみにサラダのドレッシングは付いていないので、飛行機の中で余った塩・胡椒とバルサミコソースを混ぜて代用。)

f0218513_23165612.jpg

パンフレットには、シェフの紹介やbocoのコンセプト、家での温め方などいろいろ載っています。
メニューも挟まっているので、読みながら食べるのも楽しいです。

f0218513_23172576.jpg

f0218513_23175145.jpg


食べ終わったら、もう一つのお楽しみ!
こちらの使用済みWeckの容器、お店に返せば1ユーロ戻ってくるらしいのですが、返さなくてももちろんOKなんです。
普通に購入したらゴムのパッキンも、ふたの金具も別売りのWeck。
むしろ、容器のためにお惣菜を買ってもいいくらいのお得感です。

オペラのほかに、ベルシーヴィラージュとサンラザールにも店舗があるようです。
詳細は公式サイトで確認できます。

******************************
boco【ボコ】
2区(ですが、9区と接しているギリギリのところです)
3, rue Danielle Casanova 75001 Paris 
TEL:01 42 61 17 67
最寄りのMetro:Pyramidesですが、Operaからもすぐです。
公式サイトhttp://www.boco.fr/
営業時間: 11:00~22:00
定休日:日曜日
[PR]
by fortune-snow | 2013-10-16 23:22 | Paris:お持帰りスイーツ・パン
カテゴリ
最新の記事
Air France 【エー..
at 2014-04-07 00:43
boco【ボコ】
at 2013-10-16 23:22
Le 58 Tour Eif..
at 2013-06-25 00:18
Cite de l’Arch..
at 2013-05-13 01:34
帰ってきました
at 2013-05-13 00:31
以前の記事
お気に入りブログ
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧